癒し猫、貸します

f0079190_17202723.jpg

秋の空を見ると、思い出すことがあります。

結婚前、親元から離れて暮らした秋田での3年は、山あり谷あり、人生の貴重な経験の宝庫でした^^;
秋田に引っ越したのも10月の終わり、そして帰ってきたのも11月の秋でした。

最後は辛いことが重なって、体重は激減するし、夜眠れなくて飲むアルコールの量がだんだん増え・・・。
そんな時って、不思議と他の人には心を閉ざしていても、動物には心を寄せることができるんです。
わたしを慰めてくれたのは、近所の猫。
どんなに具合が悪くても猫に会いにいくのは、億劫にならないほど。

今、いじめが原因で自殺するニュースが連日報道されているけど、死ぬ前に引き止める何かを見つけてほしい。

私は”死”を考えたとき、父が悲しむ顔が浮かんでその考えを消すことが出来ました。
親の愛情って無償のもの。
我が子たちが何か壁にぶつかったときに、やっぱり親の愛情を思い出してくれたらいいな、と思います。

今思えば、あのときはちょっと「うつ」だったのかな~と。
辛いこともいっぱいあったけど、そのおかげで人の弱い部分も含めて理解したいと願うようになったかな^^

辛くて気持ちを抱えている人がいたら、うちの癒し猫、貸しますよ~♪
f0079190_17121645.jpg

犬も癒してくれるけど、このふにゃっとした手触り感が猫の方が癒し度高いかな~と勝手に思ってます。
うちのハルちゃんは抱っこ猫だし^^

もちろんすももとミラも私の元気のもとだからね~!
[PR]
Commented by とも at 2006-11-16 23:18 x
 そうでうよね 最近 そんなニュースが多くて つらくなりますよね。
誰だって度合いの違いはあれ 思いつめてしまうときはあるものだと 思います。ミズタマさんのように 親の愛や いろんな事を 今一度 振り返ってほしいですよね。

 ミズタマさんも一人暮らしで つらいことあったんですね。私も結婚前 3年間初めて 親元を離れて 京都で一人暮らしをしましたが あれほど寂しくつらいことはなかったですわ・・。なので気持ちすっごくわかるような気がします。

 貴重な一人の時間ですが 孤独を実感する時間でもありました。寂しすぎて 実はパパと同棲したんですが(笑)

 猫ちゃん この画像でけでも癒されました~~♪
Commented by mizutama_k at 2006-11-16 23:34
ともさんへ
ともさんも3年間親元を離れたんですね。
わたしは実は一人暮らしではなく、女友達と一緒の共同生活だったんです。きちんと食事当番とか決めて^^
でもいろんなことがあって、最後は辛い別れになってしまいました。
今でもその時のことはまだ仲の良いお友達にも話せないんです。
思い出すと震えてしまうので・・・。
孤独って一番辛いことですよね。でもそのおかげでパパとゴールインできたんですね(^m^)♪
私もパパさんのおかげでようやく心の傷も癒えてきました。
自分の居場所をしっかりと持てて、今本当に幸せって思えます^^
Commented by gootaratsuma at 2006-11-17 10:40
秋田ではいろんな事があったんでしょうね。
自分が辛い思いをした事がある人は、他人の辛い部分を本当にわかってあげられるから、心から優しくなれますよね。
きっと若い頃の色んな体験が今のmizutamaさんを作ってるんですね。
そのお陰で、とても優しく暖かい旦那様と結婚できたし、今の幸せな家庭に恵まれているんでしょうね。
本当に一番辛い時に、なにか少しでも引き止めてくれるものを見つけられたら死なずにすむんですよね。
それを乗り越えられたら、幸せな生活を築けるんですよね。
それにしても、このハルさん、まじノックアウトなんですけど~~~~!
私の大好きな下あごから、お手手の丸さから、両方に飴玉を入れてそうなくらいふっくらしてるほっぺまで最高ですよ~~!!!
今は辛い気持ち抱えていないのですが、是非是非貸していただきたいわ。
Commented at 2006-11-17 11:21
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by at 2006-11-17 15:20 x
いろいろあって今の自分があるって思えるまでが長いんですよね~
辛いことが起こると他人のせいにしてみたり、「私ってなんて不幸なの」みたいな悲劇のヒロインになってみたり・・・・
なんか書きたいことが山ほどありすぎて、何度も「書いては消し」を繰り返してます。
ワインを片手にちびちび飲みながらじっくり語り明かしたい気分(真剣)
もちろんワインは各自1本よ♪
Commented by mizutama_k at 2006-11-17 15:26
はなちゃんままへ
誰でも辛い過去ってあると思うんですけど、それも自分を作り上げる上でとっても大切なことなんですよね。
おかげで今はささやかながらも幸せ♪ 日々それを実感しています。
癒し猫、ハルちゃん、かぁわいいでしょ~!
犬はこっちの気持ちをより理解しているから、気持ちが沈んでると「あれ?」って顔してたりするでしょ?
ペロペロなめてくれたり(笑)
猫はそんなのはないんだけど、存在自体が癒しなのかな?
Commented by mizutama_k at 2006-11-17 15:32
鍵コメ 2006-11-17 11:21 さまへ
ありがとうございます。
後ほど伺ってそちらにコメントさせていただきますね~^^
Commented by mizutama_k at 2006-11-17 15:37
海さんへ
海さん、なんども「書いては消し」を繰り返していただいて・・・。
書ききれないことは語り明かしましょうか。
ちょうどボージョレヌーボも解禁になったことだしね♪
そう、辛いことも自分の糧になったと思えるようになるまでが長いですよね。私も10年かかりましたよ^^;
Commented by mamecoro at 2006-11-17 17:24 x
mizutamaさんが温かいお人柄でいつも笑顔でいらっしゃるのにはmizutamaさんが生きてこられた歴史があって今があるんですね( ^‐^)mizutamaさんがこの記事を書かれるときのお気持ち、きっと柔らかい穏やかな表情ですね^^想像させていただいてちょっとだけうるってさせて頂いちゃいました。 
本当に生きてるといろんなことがありますね。私もいろーーーんなことがありました^^私もそうですが親の気持ちを思うときっと本当に大変な娘だっただろうなぁって思います。(今も大変そう) mizutamaさんがおっしゃたように辛いことがあると本当に悲しいけどでもその分人の温もりに触れることができてぽかぽかできたりしますね^^私も一人暮らしがとっても長いんですよ^^そのせいか一人は慣れているような気もするのですが、でもやっぱり人は誰かと繋がったり誰かに必要とされたりするとシアワセだなって思いますね^^ あれ?話しがずれてるかにゃ? 
Commented by mamecoro2 at 2006-11-17 17:24 x
94文字オーバーと出てしまいました( ̄▽ ̄; コメント2つになりごめんなさい。
mizutamaさんとこうしてコメントでふれあえると凄くシアワセです^^絶対絶対逢いたいです。(←強引強引<(  ̄ ≧ ̄)>逃げないでmizutamaさんε=ε=ε=(┌  ̄_)┘シュタシュタシュタ...) ワイン用意しまっす( ̄ε=‥=з ̄) フンガー 焼酎もあるなり( ̄∀ ̄*)イヒッ   mizutamaさんはブログで拝見するにキラキラしてます( ^‐^)  
Commented by mizutama_k at 2006-11-18 00:04
mamecoroさんへ
温かいコメントをありがとうございます^^
本当は書くことをだいぶためらったんですけど、自殺のニュースを聞くたびに思い出したので思い切って書いてみました。
mamecoroさんは一人暮らしが長かったんですね。親の気持ちを考えると私も申し訳なく思いますよ~。一時期アル中寸前だったワタシですが、今は健全に飲めますので(笑)是非是非、一緒に飲んでください!
ああ、でもそんなに素敵な人間じゃないので美化しすぎないで~!!
Commented by SOLE at 2006-11-19 07:03 x
私も若かりし頃、大失恋をしてものすごく辛くて辛くて、このまま電車に飛び込んだら・・・とかバカなことを考えたことがありました。
その時、浮かんだのはやはり両親の悲しむ顔。自分で命を絶つなんてこんなに親不孝なことはないですよね。本当に死ぬつもりはなかったけど、そんなことを一瞬でも考えた自分を恥じました。

私もここ何年かつら~~いことあったけど、それがあるから幸せな今がある。私が経験してきたいろんなことは全てムダではないと思ってます。人生山あり谷ありですよね!
私はお酒が飲めないんですが、飲まなくても十分酔っ払ってるみたいにハイなのでお付き合いできまっせ~~(笑)
Commented by mizutama_k at 2006-11-20 14:15
SOLEさんへ
最近つくづく思うのは、親より先には死んではいけないな~ということ。
他にこれといった親孝行はできていないんですけど、子供が幸せに生きていることが親孝行だと思います。
きっと人生に無駄なことなんてないんですよね。
SOLEさん、お酒が飲めなくてもハイだなんて~(笑)
ぜひ、お付き合いくださいませ~♪
by mizutama_k | 2006-11-16 17:23 | わたしのつぶやき | Comments(13)