バラの香りに包まれながら想う・・・

f0079190_18382598.jpg


天気のいい日は自転車で通勤してるのだけど、ふとバラの香りがして「ああ、バラ園に行かなきゃ」って思いつつなかなか行けずにいました。
今週末を逃すともう散ってしまうと焦って、仕事を終えての夕方にバラ園へ。

夕方だからそんなに混雑していなくて、お気に入りのバラの前を占領してシャッターをきってきました。
f0079190_1850843.jpg

黄色のバラは元気をもらえそう。

f0079190_18511048.jpg

ピンクは鮮やかで壁面やアーチになってるとホントに華やかですね。

f0079190_1857629.jpg

白バラも何枚か撮ったけど、なかなか思うように撮れなかったな・・・。
毎年撮ってるバラの写真だけど、ちっとも進歩がなくがっかりですが、バラの香りで癒されてきたので素敵なバラ時間でした。


じつは先日、長男が中学の時に所属していた野球のシニアのチームメイトが亡くなりました。

シニアのチームメイトの中で一番野球が上手くて、強豪の私立高校へ野球推薦で入学し、秋には背番号ももらっていたのに。
そのころから頭痛がひどくて検査入院もしたそうですが、原因不明で死因もはっきりせず突然死ということでした。
息子たちもショックで、お通夜の席では最後まで残ってご対面させていただき、元チームメイト全員でずっと何も言わず何分も立ちすくんでいた様子が脳裏から離れません。
きっと彼の死を受け入れられなかったんだと思います。

葬儀場に飾られていたかつて同じユニフォームを着ていた頃の写真を眺め、ようやく涙を流し、みんなで慰めあっていました。

友達じゃなく、「仲間」なんだ。同じ土を踏み一緒に汗と涙を流した仲間だから分かりあえる絆がある。
高校で活躍してる子も、頑張ってるけどまだ背番号をもらえない子も(うちの長男含め)、
野球が出来るだけで幸せなんだと強く感じます。

16歳で逝ってしまった仲間の分まで精一杯頑張ってほしいと思います。

写真には上手く撮れなかったけど、白いバラを天国の彼に届けたいと思いながらの今年のバラでした。
f0079190_19284014.jpg

そして、生きててくれるだけで親孝行なんだと、息子たちに感謝・・・
[PR]
Commented at 2014-05-23 22:50
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by rabbitjump at 2014-05-25 08:35 x
バラのお花が沢山、良い香りが漂ってきました、
バラ園にお出かけできてよかったですね、と思いながら拝読、、
悲しい出来事があったのですね、
お若い方がなくなられるのは本当に切ないです。
私の母は、息子と娘を亡くした時に、
‘〇子ちゃん、親より子供が先に逝くことほど悲しいことはないよ、と、涙も流せないほど悲しんでいたことを思い出します。
しっかりしていた母ですが、、
そのあたりから行動言動にとても大きな変化が
みられるようになりました。悲しさを引きずったまま、の
今の母です、。
子供たちが健康でいることに感謝ですね。
ご子息たちお仲間の皆様もどんなにかおつらいでしょう、。

mizutamaさんの、心のこもった白いバラ、
しっかりと天国に届いていますよ。
Commented by mizutama_k at 2014-05-26 21:46
鍵コメ2014-05-23 22:50さまへ
温かなコメント、じわりときました・・・。
ここしばらくたくさんの涙を流して、乾いていた心に沁みました。
今年はお正月に仲人さん、そしてお正月明けには愛猫ハルを、2月には野球チームのお世話になった方をお見送りしています。
もちろん私がそういう年齢になったのだということもありますが、悲しいお別れに心が痛みます。
今回はとくにまだ若く、将来もとても有望な少年だったこともあり無情さを感じてしまいました。
生きていることは当たり前のことではないのだと改めて知り、こうして日々を忙しいながらも送れることに感謝です。
鍵コメさまもお忙しくお過ごしかと思われますが、どうぞご自愛くださいね。
ありがとうございました。

Commented by mizutama_k at 2014-05-26 21:57
rabbitさんへ
バラ園、rabbitさんのところで楽しませていただいて、仕事終わりで疲れていてもバラを見たいという思いでふらふらっと寄ってきました^^
満開のバラはとても見事で、疲れも吹き飛んで癒されてきましたよ♪
お母様のお話、心が痛みました。
私もあまり孝行が出来ずにいるのですが、せめて親より先に逝かないことが最大の親孝行だと思っています。
息子たちにももちろんそのことだけはかなえてほしい親孝行ですね。
亡くなった彼の分も一生懸命、そして楽しんで野球をしてくれたらな、と思います。
時が痛みを癒してくれることを愛する家族を亡くされたすべての方のために祈っています。
by mizutama_k | 2014-05-23 19:29 | お出かけ | Comments(4)